ドレミクッキング

2017.11.04ドレミクッキング(みきぽん)

鶏肝のチーズ焼き☆

今月のレシピは『鶏肝のチーズ焼き☆』です。



苦手な方も多い鶏のレバーですが、カレー風味のトマトソースで、しっかり煮込むと、クセも気になりません。チーズを乗せて焼くと、さらに美味しく食べやすくなります。

鉄分・ミネラル・ビタミンたっぷりなので、妊婦さんやお子様におすすめのメニューです☆



《材料》2人分

◎鶏肝 200g

◎小麦粉 大さじ1



◎オリーブオイル 大さじ1

◎たまねぎ 1/2個

◎にんにく 1片

◎しめじ 1/2パック

◎冷凍のほうれん草 1カップ



◎カレーパウダー 大さじ1

◎トマトソース 1カップ

◎ベイリーフ 1枚

◎塩 小さじ1

◎黒胡椒 小さじ1

◎砂糖 小さじ1



◎ピザ用チーズ 1カップ
《手順》

▼一口大に切った鶏肝を流水で血抜きします。しっかり水分を切ってから、小麦粉をふって、フライパンに油を敷いて両面を軽く焼きます。





▼他の材料を入れ、炒まったら、調味料を入れて煮込みます。





▼グラタン皿によそって、チーズを乗せてオーブントースターでチーズがとろけるまで焼いて完成です☆



《召し上がり方》

思いの外ご飯と合います^^b
《コツ》

▶︎鶏肝の血抜きを丁寧にしましょう。

▶︎トマトソースは、お好きなものを、または、トマトの水煮缶をお使いください。

▶︎オリーブオイルは、サラダ油でもでもOKです。

▶︎塩こしょうは、しっかり目の方が食べやすくなります。

手順がしっかり判るお料理ムービーもご用意しました!これを観れば簡単!

文/みきぽん
兵庫県尼崎市の阪急武庫之荘駅前でカフェバーをやっています。
実際にお店で出している料理のレシピの他、プライベートに楽しんだ料理をご紹介します。

田中準子
武庫川女子大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻を卒業後同学部講師として20年間指導。
TVレギュラー出演他、ザ・シンフォニーホールからパイプオルガン演奏の全国ネット中継など、ラジオでの即興演奏や伴奏も数多く経験。
コンサートやホテルのディナーショーでピアノ・パイプオルガン・チェンバロ・エレクトーン等の演奏活動を日本各地で行ってきた。
現在は自ら設立した指導法J・Tメソッドの普及のためにテキスト『音楽遊び♪ジョイジック』を発売、各地で講演や指導研修を行っている。
2013年には私の指導教育論『音楽を媒体とした人格形成』見る!聞く!集中!も出版。
食育関係としては、講演会ほか幼児向け月刊絵本や『童謡伝道師 ふんふん』には料理レシピの連載もしている。
作曲家としても多くの幼児向け絵本などに作品を掲載(JASRAC日本著作権協会会員)
大阪花博の企画演出以降、宝塚歌劇団OGのショーなどの企画・制作も行う。

J・Tメソッド代表
田中準子音楽学院長
幼稚園・保育園研修指導講師
フレンチレストラン ラ ジュネス代官山 (顧問)
株式会社ラ ジュネス企画
代表取締役社長・音楽プロデューサー

◆田中準子ブログ
http://ameblo.jp/junko-tanaka1230/

◎おすすめレシピリンク
みきぽんレシピ
http://cookpad.com/kitchen/2800277