とんぼの眼鏡

2016.8.9新着とんぼの眼鏡

夢はいつか現実になる!

大学時代、アナウンサーを目指してレッスンに励んだ頃がありました。
なかなか大きな声が出せない上に、アクセントやイントネーションも無茶苦茶で、「もういい! あなたは出て行きなさい!」と、何度教室から締め出されたことか。
めげていても仕方ないので、それなら大きな声が出せればいいのねと、近くの神社で発声練習を始めました。ところが、ここでも「うるさい!」と怒られ、しょぼん。
よし、それなら怒られない場所でしよう! と、夜中に小学校のグラウンドに入り込み、大声を出す練習をしたことがありました。なんとも大胆な事ですが、当時は今ほどセキュリティが厳しくなく、だれでも簡単に入ることができたのです。
真っ暗なグラウンドの真ん中に立ち、校庭の鉄棒やブランコに向けての発声練習。見つかったら、かなりマズイ状況だったかもしれませんが、怖いもの知らずの20代だからこそ、できたことだと思います。

アナウンサーにはなれませんでしたが、編集者を経て、回り回ってTVのリポーターをすることができました。トーキング・プランナーとして、講師や司会の仕事は、今もちゃんと続いています。
20歳で見た夢は、少し形を変えて時間をかけて…でも、たくさんの方々のお力をいただいて、現実になりました。ありがたいことですね!

想いは人を動かし、状況を引きよせてくれる気がします。そう信じて動けば、倍楽しい♪

次の夢は、「とんぼの眼鏡」が本となり、あなたのもとに届くこと。
もう、最初の一歩は踏み出しました。
早くお会いできる日を、楽しみにしています!

文/坪内美樹
兵庫県生まれ。神戸大学教育学部卒業後、大阪書籍株式会社に入社。
単行本の企画・編集および小・中学生用の道徳副読本の編集に携わる。

独立後、フリーのトーキング・プランナーとして書籍や社内報の企画・編集、 NHK「くらしの経済」「ちょっといい旅」等のTV番組リポーター、 ABC「探偵!ナイトスクープ」「クイズ仕事人」等のTV番組制作ブレーンを務める。
現在は、コミュニケーションをテーマとし、講師・司会・コーディネーターなどで活動中。

自身の出身地・兵庫県豊岡市日高町の「兵庫ひだか名誉大使」を務める。
独立行政法人文化財研究所外部評価委員(平成12年度~17年度)

◆坪内美樹のGood Luckブログ
http://ameblo.jp/ukiukiwakuwaku-smile/