とんぼの眼鏡

2015.9.7新着とんぼの眼鏡

フレッシュな 空気を入れて リフレッシュ

疲れた時のリフレッシュ法は、人様々。
お気に入りの音楽を聴いたり、好きな香りのお茶を飲んだり、運動したり友人とおしゃべりしたり…。

敬愛する、落語のレジェンド桂枝雀師匠がおっしゃっていた言葉に「笑いは緊張と緩和(で起きる)」というのがありますが、物事をうまく進める上でも、緊張と緩和は大切です。

自分が向き合っている物事に疲れたら、ちょっと目を閉じてリラックス。力を抜いて深呼吸するのも効果的。気功の先生によると、息は吸うことより吐くことが大事で、「身体の中にある悪いものをすべて吐き出す」ことで、フレッシュでいい空気が吸い込めるようになるそうです。なるほど、身体の中に空気が一杯では、もう吸いこめないものねと納得。

これは何事にも共通で、何かを捨てなければ、新しいものは手に入りません。
「片付けの基本は要らないものを捨てること」と言われますが、実はこれ、捨てることではなく、「本当に大事な物を選びとること」が目的なのです。

考えがまとまらなかったり、やる気が出ない時、「そうだ!お片づけしよう♪」と心が動くのは、要らないものを捨てることで、必要な物が見えてくるからかも。同時に、お気に入りのもの、大事なものに囲まれて過ごす心地よさを、気付かないうちに求めているのかもしれません。

時には、心の声に耳を傾けてみるのも大切ですね。

文/坪内美樹
兵庫県生まれ。神戸大学教育学部卒業後、大阪書籍株式会社に入社。
単行本の企画・編集および小・中学生用の道徳副読本の編集に携わる。

独立後、フリーのトーキング・プランナーとして書籍や社内報の企画・編集、 NHK「くらしの経済」「ちょっといい旅」等のTV番組リポーター、 ABC「探偵!ナイトスクープ」「クイズ仕事人」等のTV番組制作ブレーンを務める。
現在は、コミュニケーションをテーマとし、講師・司会・コーディネーターなどで活動中。

自身の出身地・兵庫県豊岡市日高町の「兵庫ひだか名誉大使」を務める。
独立行政法人文化財研究所外部評価委員(平成12年度~17年度)

◆坪内美樹のGood Luckブログ
http://ameblo.jp/ukiukiwakuwaku-smile/