とんぼの眼鏡

2015.7.1新着とんぼの眼鏡

『人生、楽ありゃ苦もあるさ』

 「人生にはご褒美と修業がある」
 苦しいことに出逢ったら「修業」、嬉しいことに出逢ったら「ご褒美」。
 どちらも大事で、どちらも自分を育ててくれるもの。

 怒られるのがとにかく嫌で、子どものころは怒られる度に、「大人になったら怒られないのなら、早く大人になりたい」と祈っておりました。自己分析は、ほめられて育つタイプ。そのくせ、ほめられても「本当にこれで良かったのか…」とすぐに不安になり、自己反省の連続。これも一種の修業かもしれないと、最近になって気付きました。

 人間関係も同様で、修業になる人もあればご褒美の人もあり、時々「この人はどっち?」と考えることも。ご褒美が多い方が楽しいけれど、修業もなくては人間が育たない。あえて修業になって下さる方には、大いに感謝したいと思います。

 3D絵本はとても楽しいものですが、そのままでは何も変わりません。見方を学び、トレーニングをすることで、平面から浮き上がる映像が見えるのです。
 ご褒美や修業も同じこと。目の前に用意されていても、探さなければわからない時もあります。
 せっかくなら目を凝らし、しっかり見つけてみたいもの。
 「見つけた!」は、「嬉しい」の同義語。修業もご褒美も、遠慮なくCome on!

文/坪内美樹
兵庫県生まれ。神戸大学教育学部卒業後、大阪書籍株式会社に入社。
単行本の企画・編集および小・中学生用の道徳副読本の編集に携わる。

独立後、フリーのトーキング・プランナーとして書籍や社内報の企画・編集、 NHK「くらしの経済」「ちょっといい旅」等のTV番組リポーター、 ABC「探偵!ナイトスクープ」「クイズ仕事人」等のTV番組制作ブレーンを務める。
現在は、コミュニケーションをテーマとし、講師・司会・コーディネーターなどで活動中。

自身の出身地・兵庫県豊岡市日高町の「兵庫ひだか名誉大使」を務める。
独立行政法人文化財研究所外部評価委員(平成12年度~17年度)

◆坪内美樹のGood Luckブログ
http://ameblo.jp/ukiukiwakuwaku-smile/