4月の童謡「春が来た」

2015.4.1新着今月の童謡

4月の童謡「春が来た」

「春が来た」
作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一
春が来た 春が来た どこに来た
山に来た 里に来た 野にも来た

花がさく 花がさく どこにさく
山にさく 里にさく 野にもさく

鳥がなく 鳥がなく どこでなく
山でなく 里でなく 野でもなく

「春が来た」
555 555で歌が出来ている。しかも、前半は質問、後半は答えという問答形式になっている。春が来た春が来たどこに来たと問われると、山に来た里に来た野にも来たと答える。花がどこに咲くと問われると、山に、里に、野にも咲くと答える。鳥がどこで鳴くと問われれば、山で、里で、野でも鳴くと答える。明解な詞だといわねばなるまい。最小限の文字数で、春が来た様子をこんなにうまく表現された歌はない。フレーズの繰り返しがリズミカルな流れを作り歌ったら忘れない。だから100年を超えても歌い続けられている。消えずに残っている、いいもの=本物ということがいえる。本物をこそ胎児を含めた乳幼児期に歌ってあげてほしい。きっとその子にとって、死ぬ前まで口ずさめる宝物になるだろう。高野辰之、岡野貞一のベストコンビでは、このほかにも、故郷や朧月夜、紅葉、春の小川などの秀作が並ぶ。
(日本童謡協会会員 もり・けん)

今月の童謡を皆さんで歌ってください。園、学校、グループでの歌唱、演奏の様子を映像で送っていただけますでしょうか。

【あて先】H・U・N企画
〒530-0037 大阪市北区松ヶ枝町6-12 西栄ビル2F
(株)カード&メディア内
TEL:06-6352-8005 FAX:06-6353-1393

Copyright Hun kikaku 2015
掲載記事の無断転載を禁じます。
掲載しました作品の著作権は、「H・U・N(フン)企画」に属します。
文中の商標等は各社に属します。