7月の童謡「海」

2015.7.1新着今月の童謡

7月の童謡「海」

海(うみ)
作詞:林 柳波 作曲:井上武士
海は広いな大きいな
月が昇るし日が沈む

海は大波青い波
揺れてどこまで続くやら

海にお船を浮かばして
行ってみたいなよその国

日本の夏には、欠かせない歌である。詩の林は海の持つ無限のすばらしさを素直に表現した。一番=あの太陽や月までも小さく見える圧倒的な海の大きさを描いた。二番=波打ち際で打ち返す波を見て、どこまで続くのかと考えた。三番=大きな海という存在を前に、もっと広い世界があることを実感、海の向こうへの夢を描いた。短い詩の中に見事にまとめた。曲の井上は、この詩の素直さを感じ、優しいメロディーをつけた。
 また「海にお船を浮かばして」と子供の心で書いた歌詞を「浮かばせて」が正しいという主張で一九八〇年に改訂したお役所仕事が、この詩の「子供の心を歌った」せっかくの力を失わせてしまったことが残念で、私は敢えて、「浮かばして」と表現するように薦めていて、拙著「日本の童謡」(登龍館刊)でもそのように表記している。戦争中に発表され、教師用手引書に「海国日本国民の憧憬と意気とを歌ったもの」と書かれて戦意高揚に役立ったかもしれないが、この詩は海の雄大さを書いただけである。 日本童謡協会会員 もり・けん

今月の童謡を皆さんで歌ってください。園、学校、グループでの歌唱、演奏の様子を映像で送っていただけますでしょうか。

【あて先】H・U・N企画〒530-0037大阪市北区松ヶ枝町6-12西栄ビル2F
(株)カード&メディア内
TEL:06-6352-8005FAX:06-6353-1393

CopyrightHunkikaku2015
掲載記事の無断転載を禁じます。
掲載しました作品の著作権は、「H・U・N(フン)企画」に属します。
文中の商標等は各社に属します。