11月の童謡「夕焼小焼」

2015.11.1新着今月の童謡

11月の童謡「夕焼小焼」

夕焼小焼
作詞:中村雨紅  作曲:草川 信
夕焼小焼で日が暮れて
山のお寺の鐘がなる
お手々つないで皆帰ろ
烏(からす)と一緒に帰りましょう

子供が帰った後からは
円い大きなお月さま
小鳥が夢を見る頃は
空にはきらきら金の星

夕焼小焼
詩の中村は、野口雨情を慕って雨紅と名乗った。日本人の原風景に欠かせない「夕焼け」を素直に書いているが、近代童謡詩としての価値はあまり認められてはいない。でも多くの人から愛唱されているのは、分かりやすい曲を付けた草川の力と言わねばならない。私も詩人の端くれであるが、歌を作る時にどの作曲家に当たるかが、運命の分かれ道だと思う。草川は自著に「鐘の余韻みたいなものを感じて前奏と間奏に用いた」と語っているので、できれば伴奏付きの楽譜を見て演奏してもらいたいと思う。メロディー譜だけだと作曲の意図は伝わらない。また、一番の歌い出しの「ソソソラ」で演奏されると「ゆ・う・や・け」と区切って歌ってしまうので、歌詞で歌うように「ソーソラ(ゆーやけ)」と歌ってほしい。当然、二番は「ソソソラ(こ・ど・も・が)」である。「歌詞の流れのように歌うことが大切である」と私は日頃から童謡を歌ってくださる人に話している。
日本童謡協会会員 もり・けん

今月の童謡を皆さんで歌ってください。園、学校、グループでの歌唱、演奏の様子を映像で送っていただけますでしょうか。

【あて先】H・U・N企画〒530-0037大阪市北区松ヶ枝町6-12西栄ビル2F
(株)カード&メディア内
TEL:06-6352-8005FAX:06-6353-1393

CopyrightHunkikaku2015
掲載記事の無断転載を禁じます。
掲載しました作品の著作権は、「H・U・N(フン)企画」に属します。
文中の商標等は各社に属します。