今月の童謡

2018.3.4新着今月の童謡

花かげ

花かげ
詩 大村主計  曲 豊田義一
一 十五夜お月さま ひとりぼち
  桜吹雪の花かげに
  花嫁すがたのおねえさま
  俥(くるま)にゆられてゆきました
二 十五夜お月さま 見てたでしょう
  桜吹雪の花かげに
  花嫁すがたのねえさまと
  お別れおしんで泣きました
三 十五夜お月さま ひとりぼち
  桜吹雪の花かげに
  遠いお里のおねえさま
  わたしはひとりになりました

花かげ
作詞の大村主計(おおむらかずえ、男性、1904-1931)は西條八十に童謡の作詞を学んだ童謡詩人で、菩提寺で挙式をした花嫁姿のお姉さんを見送ったときの桜吹雪を書いた。末っ子の主計は人力車で嫁いでいく姉の花嫁姿を切なく見送ったに違いない。
山梨県塩山にある菩提寺臨済宗向嶽寺(こうがくじ)の境内に「花かげ」の歌碑がある。大村は東洋大学哲学科を卒業後、テイチクレコードに入社している。
作曲の豊田義一(1903-1941)は東京都出身で、「うかれ和尚さん」「和尚さんの友達だァーれ」「峠」「幌馬車」などの曲を作っているが、大村とは「花かげ」のほかに「絵日傘」も書いている。

(参考)絵日傘 作詞:大村主計 作曲:豊田義一
桜ひらひら 絵日傘に
蝶々もひらひら きてとまる
乳母(うば)のお里は 花の路(みち)
すみれの花も たんぽぽも

今月の童謡を皆さんで歌ってください。園、学校、グループでの歌唱、演奏の様子を映像で送っていただけますでしょうか

【あて先】H・U・N企画
〒530-0037大阪市北区松ヶ枝町6-12西栄ビル2F
(株)カード&メディア内
TEL:06-6352-8005FAX:06-6353-1393

CopyrightHunkikaku2015
掲載記事の無断転載を禁じます。
掲載しました作品の著作権は、「H・U・N(フン)企画」に属します。
文中の商標等は各社に属します。