今月の童謡

2018.4.1新着今月の童謡

さくらさくら

さくらさくら
作詞・作曲不詳
さくらさくら
野山も里も見わたす限り
かすみか雲か
朝日ににおう
さくらさくら花ざかり

なお、元の歌詞は

桜桜
弥生の空は見渡す限り
霞か雲か
匂いぞ出ずる
いざやいざや見にゆかん

さくらさくら
日本を代表する歌となって国際的にも知られている「さくら」(「さくらさくら」ともいわれる)は、長く日本古謡という表記が使われていましたが、実際は、江戸時代幕末の頃、子ども用の筝曲の手習い用に作られたものということが分かってきました。作者は不明。元は「咲いた桜」という歌詞がついていて、明治以後に歌として広まったようです。
 1888(明治21)年に発行された「筝曲集」として掲載されています。後世いろいろな編曲がなされましたが、宮城道雄の「さくら変奏曲」が特に有名です。
 海外向けの国際放送NHKワールド・ラジオ日本では日本語周波数案内(日本時間12時、13時、19時、21時)のそれぞれ前に、近畿特急では吉野駅到着時の車内チャイムとして、JR中央線快速小金井駅では発車メロディーとして、この曲が流れます。

今月の童謡を皆さんで歌ってください。園、学校、グループでの歌唱、演奏の様子を映像で送っていただけますでしょうか

【あて先】H・U・N企画
〒530-0037大阪市北区松ヶ枝町6-12西栄ビル2F
(株)カード&メディア内
TEL:06-6352-8005 FAX:06-6353-1393

CopyrightHunkikaku2015
掲載記事の無断転載を禁じます。
掲載しました作品の著作権は、「H・U・N(フン)企画」に属します。
文中の商標等は各社に属します。