今月の童謡

2017.04.01新着今月の童謡

子鹿のバンビ

子鹿のバンビ
坂口淳 平岡照章
1 子鹿のバンビは かわいいな
  お花がにおう 春の朝
  森のこやぶで 生まれたと
  みみずくおじさん いってたよ
2 子鹿のバンビはくり毛色
  せなかに白い てんてんよ
  細いあんよで かけだせば
  野原のちょうちょうも こんにちは
3 子鹿のバンビは 元気だね
  ちらちら雪が 降りだして
  池に氷が はるころは
  とんすけうさぎと スケートよ
4 子鹿のバンビは やさしいな
  弱虫いじめ しないもの
  今に大きく なったなら
  すてきなぼくらの 王様だ

子鹿のバンビ
2017年4月 童謡「子鹿のバンビ」

新学期、新年度スタートの4月ですね。今月の歌は私と同い年の「子鹿のバンビ」。66年前に出来たかわいい歌です。いい歌だからずっと残って歌われている人気の童謡です。戦後アメリカ児童文化の初流入、ウォルトディズニーからの素晴らしい贈り物でした。
1942年8月、ディズニーの「バンビ」がアメリカで公開、日本には、終戦後の昭和26年(1951)5月字幕付きで公開されました。私は4月29日生まれなので、ちょうどその時ですね。それから4年後、昭和30年(1955)に日本語吹き替え版が上演されました。原作はオーストリアの作家フェリクス・ザルテン「バンビ、森からの伝記」1923年発表で、1928年に英語訳されました。私の小学時代はディズニー・アニメとともに歩んだといっても過言ではありません。他にも「白雪姫」「ピノキオ」「ダンボ」など、日本映画がモノクロなのに、ディズニーは総天然色でした。作詞家の坂口淳(1908~1974)は長野県出身で写真館に勤めながら西条八十の門下生となり、この映画「バンビ」を見て感動、歌を作る気になりました。そして作曲を平岡照章(1907~1992)に託しました。平岡は東京生まれ、キング、コロムビア、ビクター、東宝演劇本部NHKなどで曲を作りましたが、映画を見ないで、自分のイメージで作りたいと、粗筋と詞だけを読んで作曲し、この明るく弾むようなメロディーが生まれました。
(日本童謡協会会員 もり・けん)
今月の童謡を皆さんで歌ってください。園、学校、グループでの歌唱、演奏の様子を映像で送っていただけますでしょうか。

【あて先】H・U・N企画〒530-0037大阪市北区松ヶ枝町6-12西栄ビル2F
(株)カード&メディア内
TEL:06-6352-8005FAX:06-6353-1393

CopyrightHunkikaku2016
掲載記事の無断転載を禁じます。
掲載しました作品の著作権は、「H・U・N(フン)企画」に属します。
文中の商標等は各社に属します。